伊豆の不動産協有住宅へ

伊豆不動産土地一覧

伊豆不動産戸建一覧

伊豆不動産リゾートマンション

伊豆不動産売却売りたい方

お問合せ窓口会社概要

HOME>【競売】競売について

【伊豆不動産情報】協有住宅イチオシ物件

【伊豆不動産情報】菜園&畑付物件

伊豆の不動産物件を【種別】で探す

伊豆の不動産物件を【価格】で探す

価格帯で探す【1000万円以下】【1000万円〜】【2000万円〜】【3000万円〜】【4000万円以上】

1000万円以下の物件 1000万円以上の物件 2000万円以上の物件 3000万円以上の物件 4000万円以上の物件

【伊豆不動産情報】週末は伊豆に住む!物件特集

【伊豆不動産情報】快適な平屋に住む!平家物件特集

【伊豆不動産情報】海近&海望む物件特集

伊豆人【伊豆に移住した人々のコラム】

【伊豆不動産】不動産お役立ち情報

【伊豆不動産】田舎暮らしお役立ち情報

伊豆の不動産【分譲地ガイド】

【伊豆の不動産情報】ブログ【伊豆の田舎暮らし】

【伊豆の不動産情報】ブログ【新着&注目物件】

会社概要・サポート・お問合せ

伊豆の不動産を売却検討中の方!売りたい方必見!【査定希望はこちらから】

伊豆の不動産物件のお問合せ・その他ご質問は【お問合せ窓口】から

競売基礎知識

<< 前の画面へ戻る

【1】競売とは

 

「競売」と聞くと多くの方は「聞いた事はあるけど」とか「本当に問題が無いの?」 
など普通の不動産取引とは違うイメージを持たれていると思います。

しかし、競売は裁判所が売主になり入札という形で行われる正当な取引です。入札価格も相場の7〜8割で購入できるため、実際に購入される方も増えています。
多少複雑な面もありますが、簡単に競売についての知識をご説明致します。

1.競売の種類

【任意競売】

Aさんが3000万円のマンションを購入するにあたり、自己資金1000万円と銀行借入2000万円のローンを組んだとします。借入をするにあたりマンションには抵当権が設定されます。

Aさんが何らかの理由でローンの支払いが滞った場合、銀行側は裁判所に対して裁判所がそのマンションを売り、その売却代金から優先的に弁済を受けたいという申し立てをする事ができます。
その申し立てを受けた裁判所は法的な手続きによりこのマンションを売却する事になります。

【強制競売】

Bさんがお金を借りて、何らかの理由により返済ができなくなったとします。もし、Bさんがマンションや土地などの不動産を所有している時に債権者は裁判所に対して、その物件を売却して、その売却代金から優先的に弁済を受けたいという申し立てができます。

この様に競売の申し立てをされている物件を『競売不動産』『競売物件』といいます。

2.競売のメリット・デメリット

【メリット】

(1)市場価格より安く物件を取得できます。

【デメリット】

(1)物件を取得したとしてもすぐに入居できない事があります。
⇒その物件に占有者がいることがあります。

(2)取得したい物件の調査ができません。(建物内部を見る事ができません)
⇒競売物件毎に物件明細書・現状調査報告書・評価書といわれる書類のみの確認となります。

(3)保証金が必要となります。
⇒競売に参加するためには、買受申出保証金(最低落札価格の約2割)が必要です。

デメリット(特に1の専有のある場合)は、購入者にとって面倒な作業になります。

3.競売取引について

競売取引そのものは個人で可能ですが、専門家に面倒な手続きを依頼するという方法もあります。
物件自体は一般に売買されている物件となんら変わりはありません。一般の中古住宅や土地を購入する際にも色々な手続きがあります。

不動産は安い買物ではありません、煩雑な手続き等慣れない方には戸惑う事も多い事と思います。
実際に競売物件のほとんどは不動産業者が落札しています。

 

→次へ 【2】期間入札とは

 

↑ページTOPへ戻る↑

お問合せは伊豆の不動産情報【協有住宅】まで お問合せメール

【伊豆人】伊豆に移住した人たちのコラム