伊豆の不動産協有住宅へ

伊豆不動産土地一覧

伊豆不動産戸建一覧

伊豆不動産リゾートマンション

伊豆不動産売却売りたい方

お問合せ窓口会社概要

HOME伊豆に移住した人々コラム『伊豆人』>コラムNo.2

【伊豆不動産情報】協有住宅イチオシ物件

【伊豆不動産情報】菜園&畑付物件

伊豆の不動産物件を【種別】で探す

伊豆の不動産物件を【価格】で探す

価格帯で探す【1000万円以下】【1000万円〜】【2000万円〜】【3000万円〜】【4000万円以上】

1000万円以下の物件 1000万円以上の物件 2000万円以上の物件 3000万円以上の物件 4000万円以上の物件

【伊豆不動産情報】週末は伊豆に住む!物件特集

【伊豆不動産情報】快適な平屋に住む!平家物件特集

【伊豆不動産情報】海近&海望む物件特集

伊豆人【伊豆に移住した人々のコラム】

【伊豆不動産】不動産お役立ち情報

【伊豆不動産】田舎暮らしお役立ち情報

伊豆の不動産【分譲地ガイド】

【伊豆の不動産情報】ブログ【伊豆の田舎暮らし】

【伊豆の不動産情報】ブログ【新着&注目物件】

会社概要・サポート・お問合せ

伊豆の不動産を売却検討中の方!売りたい方必見!【査定希望はこちらから】

伊豆の不動産物件のお問合せ・その他ご質問は【お問合せ窓口】から

伊豆に移住した人達のコラム『伊豆人』

<< 前の画面へ戻る

COLUMN-No2

"のんびりゆったりした『ふるさと』を求め Iターンをした伊豆人"

S様姉弟

 

Sさんご姉弟は定年退職し、東京からのんびりゆったりした第2のふるさとを求め、日本各地を周り最終的に気候も温暖で 過ごしやすい伊豆を選択し平成17年5月にIターンをした伊豆人です。

一去年、伊東市の荻地区にあるゆったりした敷地の一戸建を購入し、ご自身でリフォームをしながら暮らしていらっしゃいます。

「各地を周りましたが伊豆は気候も温暖で第2の人生を
送るには過ごしやすく決めました」

薪ストーブ

お二人のふるさと探しの条件は家庭菜園など土と親しみながら「ゆっくりと過ごしたいな〜と」 第2の永住地を探し始め、各地をまわられたようです。 最終的に気候の良い伊東に永住地を決めたそうです。


生活の場を東京から伊豆に移したSさんはこちらで実現したかった事のひとつが薪ストーブ!
電気やガスなどではなく手間はかかっても、ゆっくりと優しく揺らめく炎は実際の温かさの他に 心まで温めてくれる優しい柔らかさが魅力との事でした。 今も敷地の片隅にはこの冬に使用する薪が きちんと積まれています。

「どっかで、薪用の木の伐採があったら、すぐ声をかけてください」
私達も仕事柄伐採の情報は入りやすいので伐採があればすぐに連絡をさせていただきます。

その念願の薪ストーブの前で菜園のことやリフォームについてのお話を色々うかがいました。

 

■使い勝手のよさを追求し自らの手でリフォーム
家庭菜園とS邸 伐採したヒノキ 2階への階段
庭からのS邸 伐採したヒノキ 階段も自作

もともと器用な弟さんは、いろんな職人さんに相談しながら室内を少しずつリフォームしています。
こちらの建物は元々は2階へは外階段からの出入りしかできなかったものを内階段にした方が使い勝手も 良くなるとコツコツ作りついに立派な階段が完成しました。
それだけでなく、1階部分にあった土間の一角を作業の合間に休憩をしたり、近所の方達との雑談が出来る 場所としてリフーム中です。

元々敷地にあったヒノキを飾り柱に使ったりもされてちょっとびっくりしました。
というのは、このヒノキの伐採は私も手伝ったのです。この一戸建てを売り出す前にも敷地内の木を多少は伐採した
のですが、購入後には再度残す木と伐採する木を選びました。 この柱に使っているヒノキも伐採のグループに選ばれたのですが、倒す途中に桜の木に引っかかったりして 大変思い出がある木です。伐採して捨ててしまえばその思い出も流れる年月に埋もれてしまうのですがこのように 形として残っているとただの思い出ではなくなりますよね。
このような所にも大切に家を育てて行きたいSさんの気持ちがわかります。

■家庭菜園とバラ園で土と親しむ
おいしそうな大根 各種野菜が育つ 向こうはバラ園

200坪ある敷地ですが、弟さんは畑を、お姉さんは、庭をバラ園にすると楽しげにお話されていました。
家庭菜園も徐々に本格的に育てる野菜の種類も増えてきています。丁度今はいつ収穫してもいいような大根が 立派に育っていました。
こうして自分で作った野菜を収穫する時がのんびり思ったように暮らせる幸せを感じる時だと笑顔でおっしゃっていました

 

最後に「今度はお酒でも持ってよりなよ」と、お誘いを頂きました。


 

 

↑ページTOPへ戻る↑

お問合せは伊豆の不動産情報【協有住宅】まで お問合せメール

【伊豆人】伊豆に移住した人たちのコラム